Publications

査読論文

  1. 中山 浩太郎、松尾 豊: GeSdA – GPU上でのAutoencoder処理並列化による高速Deep Learningの実装、 情報処理学会論文誌 ,Vol.9 ,Issue 2, pp.46-54 (2016)
  2. 保住 純、飯塚 修平、中山 浩太郎、高須 正和、嶋田 絵理子、須賀 千鶴、西山 圭太、松尾 豊:Webマイニングを用いたコンテンツ消費トレンド予測システム、人工知能学会論文誌 (2014)
  3. 白川真澄, 中山浩太郎, 原隆浩, 西尾章治郎, Wikipediaのカテゴリグラフ解析による語句の確率的分類とその応用, 情報処理学会論文誌データベース(TOD) 5(3), 51-63, (2012)
  4. 白川 真澄 , 中山 浩太郎 , 原 隆浩, 西尾章治郎. Wikipediaとベイズ理論を用いた関連エンティティ推測と短文クラスタリングへの応用, 日本データベース学会論文誌, 11(1), 37-42, (2012)
  5. 白川真澄, 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. コンテキストを考慮した複数語からの関連エンティティ抽出手法. 日本データベース学会論文誌, 10(1):55-60, June 2011.
  6. 中山浩太郎. 神経細胞移動に着想を得た自己組織化マップによるwikipediaリンクデータの可視化. 日本データベース学会論文誌, 9(3):19-24, February 2011.
  7. 白川真澄, 中山浩太郎, 荒牧英治, 原隆浩, and 西尾章治郎. Wikipediaとwebの情報を組み合わせたオントロジ構築の試み. 電子情報通信学会和文論文誌, (3):525-539, 2011.
  8. 白川真澄, 中山浩太郎, 荒牧英治, 原隆浩, and 西尾章治郎. 格助詞付きweb検索クエリを用いた関連のある概念間の関係抽出. 日本データベース学会論文誌, 9(1):35-40, 2010.
  9. 中山浩太郎, 伊藤雅弘, M. Erdmann, 白川真澄, 道下智之, 原隆浩, and 西尾章治郎. Wikipediaマイニング: Wikipedia研究のサーベイ. 情報処理学会論文誌: データベース, pages 49-60, 2009.
  10. 中山浩太郎, 伊藤雅弘, M. Erdmann, 白川真澄, 道下智之, 原隆浩, and 西尾章治郎. Wikipediaマイニング 近未来チャレンジキックオフ編. 人工知能学会論文誌, 24(6):549-55767, 2009.
  11. 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. 自然言語処理とリンク構造解析を利用したwikipediaからのwebオントロジ自動構築. 日本データベース学会論文誌, 7(1):67-72, June 2008.
  12. M. Erdmann, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Extraction of bilingual terminology from a multilingual web-based encyclopedia. 情報処理学会論文誌 (IPSJ Journal), 3(3):564-575, 2008.
  13. M. Pei, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Web resource categorization for semantic web search. IPSJ Journal, 49(2), 2008.
  14. 伊藤雅弘, 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Wikipediaのリンク共起性解析によるシソーラス辞書構築. 情報処理学会論文誌: データベース, 48(SIG19 (TOD 36)):39-49, December 2007.
  15. 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Web事典からのシソーラス辞書構築手法. 情報処理学会論文誌: データベース, 48(SIG19(TOD 34)):27-37, June 2007.
  16. 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. 大規模web事典からのシソーラス辞書構築. 日本データベース学会Letters, 5(4):41-44, March 2007.
  17. 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Wikipediaマイニングによるシソーラス辞書の構築手法. 情報処理学会論文誌, 47(10):2917-2928, October 2006.
  18. 中山浩太郎. Migsom:神経細胞移動モデルに基づく自己組織化マップ 〜大規模リンクドデータへの応用〜. Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2010), December 2010.
  19. M. Pei, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. An efficient semantic web search method based on categorization of classes. データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム (DBWeb 2006), pages 313-320, December 2006.
  20. 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Web事典からのシソーラス辞書構築手法. データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム (DBWeb 2006), pages 345-352, December 2006.

国際査読論文

  1. Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, Shojiro Nishio, Wikipedia-Based Semantic Similarity Measurements for Noisy Short Texts Using Extended Naive Bayes, IEEE Transactions on Emerging Topics in Computational Intelligence (TETCI), 3(2): 205-219, 2015
  2. M. Ito, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Semantic relatedness measurement based on wikipedia link co-occurrence analysis. International Journal of Web Information Systems (IJWIS), 7(1):44-61, 2011.
  3. M. Erdmann, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Improving the extraction of bilingual terminology from wikipedia. ACM Transactions on Multimedia Computing, Communications and Applications, 5(4):Article 31, 2009.

国際会議・ワークショップ等

  1. Yusuke Iwasawa, Kotaro Nakayama, Ikuko Yairi and Yutaka Matsuo: Privacy Issues Regarding the Application of DNNs to Activity-Recognition using Wearables and Its Countermeasures by Use of Adversarial Training, The 26th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI2017), August19–25, Melbourne, Australia, 2017
  2. Mohammadamin Barekatain, Miquel Marti, Hsueh-Fu Shih, Samuel Murray, Kotaro Nakayama, Yutaka Matsuo and Helmut Prendinger: Okutama-Action: An Aerial View Video Dataset for Concurrent Human Action Detection, BMTT-PETS Workshop on Tracking and Surveillance (CVPR Workshops)
  3. Masahiro Suzuki, Kotaro Nakayama, Yutaka Matsuo: Joint Multimodal Learning with Deep Generative Models, ICLR 2017 workshop, April24–26, 2017, Toulon, France.
  4. Masatoshi Uehara, Issei Sato, Masahiro Suzuki, Kotaro Nakayama, Yutaka Matsuo: b-GAN: New Framework of Generative Adversarial Networks, Workshop on Adversarial Training, NIPS 2016, December5–10, Barcelona, Spain.
  5. Ai Nakajima, Michael Bawiec, Kotaro Nakayama and Hideyuki Horii, The Development of APISNOTE a Digital Sticky Note System for Information Structuring, International Conference for Asia Digital Art and Design (ADADA), 2016.
  6. K. Nakayama and Y. Matsuo. Migsom: A som algorithm for large scale hyperlinked documents inspired by neuronal migration. In Proceedings of International Conference on Database Systems for Advanced Applications (DASFAA), pages 79-95, April 2014.
  7. Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Eiji Aramaki, Takahiro Hara, Shojiro Nishio: Collecting Conceptualized Relations from Terabytes of Web Texts for Understanding Unknown Terms, IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI 2014), 86-93, 2013.
  8. Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, Shojiro Nishio:
    Probabilistic semantic similarity measurements for noisy short texts using Wikipedia entities. ACM International Confeference on Information and Knowledge Management (CIKM 2013), 903-908, (2013)
  9. Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, Wikipedia Sets: Context-Oriented Related Entity Acquisition from Multiple Words, IEEE/WIC/ACM International Confeference on Web Intelligence (WI 2011), volume 1, pages 274-277, (2011).
  10. K. Nakayama and Y. Matsuo. A self organizing document map algorithm for large scale hyperlinked data inspired by neuronal migration. In Proceedings of International World Wide Web Conference (WWW) Poster, pages 95-96, March 2011.
  11. M. Shirakawa, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Relation extraction between related concepts by combining wikipedia and web information for japanese language. In Proceedings of Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS), December 2010.
  12. M. Erdmann, K. Nakayama, E. Aramaki, T. Hara, and S. Nishio. Using an svm classifier to improve the extraction of bilingual terminology from wikipedia. In Proceedings of WikiAI conjunction with International Joint Conference on Artificial Intelligence, July 2009.
  13. K. Nakayama, M. Ito, T. Hara, and S. Nishio. Wikipedia relatedness measurement methods and influential features. In Proceedings of IEEE International Symposium on Mining and Web (MAW), pages 738-743, May 2009.
  14. M. Shirakawa, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Concept vector extraction from wikipedia category network. In Proceedings of Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC), pages 71-79, January 2009.
  15. M. Ito, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Association thesaurus construction methods based on link co-occurrence analysis for wikipedia. In Proceedings of Conference on Information and Knowledge Management (CIKM), pages 817-826, October 2008.
  16. K. Nakayama. Extracting structured knowledge for semantic web by mining wikipedia. In International Semantic Web Conference (Posters & Demos), October 2008.
  17. K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Wikipedia mining – wikipedia as a corpus for knowledge extraction -. In Proceedings of Annual Wikipedia Conference (Wikimania), July 2008.
  18. K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Wikipedia link structure and text mining for semantic relation extraction. In Proceedings of Semantic Search Workshop (SemSearch), pages 59-73, June 2008.
  19. M. Erdmann, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. A bilingual dictionary extracted from the wikipedia link structure. In Proceedings of International Conference on Database Systems for Advanced Applications (DASFAA) Demonstration Track, pages 380-392, March 2008.
  20. K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. A search engine for browsing the wikipedia thesaurus. In Proceedings of International Conference on Database Systems for Advanced Applications (DASFAA) Demonstration Track, March 2008.
  21. M. Erdmann, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. An approach for extracting bilingual terminology from wikipedia. In Proceedings of International Conference on Database Systems for Advanced Applications (DASFAA), March 2008.
  22. M. Pei, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. An integrated method for web resource categorization. In Proceedings of IEEE International Symposium on Mining And Web (IEEE MAW), March 2008.
  23. M. Pei, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Constructing a global ontology by concept mapping using wikipedia thesaurus. In Proceedings of IEEE International Symposium on Mining And Web (IEEE MAW), March 2008.
  24. K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Wikipedia mining for huge scale japanese association thesaurus construction. In Proceedings of IEEE International Symposium on Mining And Web (IEEE MAW), March 2008.
  25. K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Wikipedia mining for an association web thesaurus construction. In Proceedings of International Conference on Web Information Systems Engineering (WISE), pages 322-334, 2007.
  26. K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. A thesaurus construction method from large scale web dictionaries. In Proceedings of IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (IEEE AINA), pages 932-939, 2007.
  27. M. Pei, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Web resource categorization for semantic web search. In Proceedings of International Workshop on Scalable Web Information Integration and Service (SWIIS), pages 34-43, April 2007.
  28. K. Nakayama, T. Maekawa, H. Tomiyasu, T. Hara, and S. Nishio. Geonote.net: A social network system for geographic information. In Proceedings of International Conference on Mobile Data Management (MDM) Workshops, pages 227-234, May 2006.
  29. K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. A web mining method based on personal ontology for semi-structured rdf. In Proceedings of International Conference on Web Information Systems Engineering (WISE) Workshops, pages 227-234, November 2005.
  30. K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. An agent system for ontology sharing on www. In Proceedings of International Conference on World Wide Web (Special interest tracks and posters), pages 964-965, May 2005.

国内発表

  1. 冨山 翔司,味曽野 雅史,鈴木 雅大,中山 浩太郎,松尾 豊:画像とテキストの潜在的な意味情報を用いたニューラル翻訳モデルの提案,人工知能学会全国大会2017,May.23–May.26,愛知県名古屋市(ウィンクあいち)
  2. 黒滝 紘生,中山 浩太郎,上原 雅俊,山口 亮平,河添 悦昌,大江 和彦,松尾 豊:深層学習による胸部X線写真からの診断補助,人工知能学会全国大会2017,May.23–May.26,愛知県名古屋市(ウィンクあいち)
  3. 上原雅俊,佐藤一誠,鈴木雅大,中山浩太郎,松尾豊:b-GAN: 密度比推定の視点から見たGenerative Adversarial Nets,第19回情報論的学習理論ワークショップ,Nov.16–19,2016.
  4. 野中 尚輝,中山 浩太郎,松尾 豊:RNNを利用したコンテンツ産業の消費トレンド予測,人工知能学会全国大会2016,May.23–May.26,福岡県北九州市(北九州国際会議場)
  5. 味曽野 雅史,中山 浩太郎,松尾 豊:逆畳み込みニューラルネットワークを用いた輪郭検出,人工知能学会全国大会2016,May.23–May.26,福岡県北九州市(北九州国際会議場)
  6. 黒滝 紘生,中山 浩太郎,松尾 豊:マルチエージェントによるDeep Learningの提案,人工知能学会全国大会2016,May.23–May.26,福岡県北九州市(北九州国際会議場)
  7. 白川真澄 , 中山浩太郎 , 原隆浩, 西尾章治郎, ナイーブベイズによる文書分類のためのWikipediaカテゴリグラフ解析, 人工知能学会全国大会 (2012)
  8. 白川真澄, 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. 複数語句から構成されるコンテキストを考慮した連想関係の抽出. データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), 2 2011.
  9. 白川真澄, 中山浩太郎, 荒牧英治, 原隆浩, 西尾章治郎, 格フレームを考慮したWeb検索スニペット解析による動作関係抽出, 情報処理学会DBS研究会, 2010
  10. 白川真澄, 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Web検索を用いた関連のある概念間の関係抽出手法. データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010), 2 2010.
  11. 中山浩太郎. Wikipediaシソーラス ver.3. 人工知能学会全国大会, 6 2010.
  12. M. Erdmann, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Bilingual terminology extraction from wikipedia combined with web search engine results. 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会), 110(328):1-6, 12 2010.
  13. 伊藤雅弘, 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Wikipediaの多様な特徴を利用した概念間関連度と有用な特徴の調査. 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会), 110(328):7-12, 12 2010.
  14. 伊藤雅弘, 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Web上の情報を用いたwikipedia記事の信頼性評価に関する検討. 人工知能学会全国大会, 6 2010.
  15. 白川真澄, 荒牧英治, 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. 格フレームを考慮したweb検索スニペット解析による動作関係抽出. 情報処理学会研究報告 データベースシステム研究会, 2010-DBS-151(38), 11 2010.
  16. 白川真澄, 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Wikipediaのカテゴリ構造解析とクラスタリングによる概念ベクトルの生成. 第23回人工知能学会全国大会, 6 2009.
  17. 白川真澄, 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Wikipediaのカテゴリ解析による概念のベクトル化手法の拡張と評価. 平成20年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, pages 117-120, 10 2008.
  18. 白川真澄, 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Wikipediaのカテゴリネットワークを用いた概念のベクトル化手法. 情報処理学会研究報告(データベースシステム/情報学基礎合同研究会 2008-DBS-145 2008-FI-91), 2008(56):89-96, 4 2008.
  19. M. Erdmann, K. Nakayama, T. Hara, and S. Nishio. Wikipedia link structure analysis for extracting bilingual terminology. 情報処理学会情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会2007-DBS-143), 107(131):551-556, 7 2007.
  20. 伊藤雅弘, 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Wikipediaのリンク共起性解析によるシソーラス辞書構築のスケーラビリティ向上. 情報処理学会情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会2007-DBS-143), 107(131):539-544, 7 2007.
  21. 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Wikipediaマイニングによる信頼性情報を考慮した記事関係の抽出. 情報処理学会研究報告 (デジタルドキュメント研究会 2006-DD-58), 2006(128):115-122, December 2006.
  22. 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Rdfに対するハイブリッドwebマイニング. 情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会2005-DBS-137), 2005(68):381-388, 7 2005.
  23. 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. モバイル端末用3dフレームワーク「3d-raven」. 画像電子学会第32回年次大会予稿集, pages 89-93, 6 2004.
  24. 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. Xml-webサービスを利用したモバイル3d電子カルテシステムに関する研究. 情報処理学会研究報告 (デジタルドキュメント研究会 2003-DD-44), 2004(59):23-28, 5 2004.
  25. 中山浩太郎, 田中成典, 古田均, and 中村健二. 分散環境下でのwebコンテンツ管理システム. 情報処理学会研究報告 (デジタルドキュメント研究会 2003-DD-41), 2003(95):43-49, 9 2003.
  26. 加藤茂樹, 吉水淳一郎, 氏間和仁, 池辺正典, 吉田博哉, and 中山浩太郎. ロービジョン向けwebコンテンツに関する研究. 第28回感覚代行シンポジウム講演論文集, pages 95-98, 12 2002.
  27. 古田均, 田中成典, 中山浩太郎, and 若林雅子. データベース連携型汎用webサイト構築支援システムの研究開発. 情報処理学会第64回全国大会講演論文集, (4):337-338, 3 2002.
  28. 古田均, 田中成典, and 中山浩太郎. 個人情報マスキングシステムに関する研究開発. 情報処理学会第64回全国大会講演論文集, (4):357-358, 3 2002.

招待講演

  1. Deep Learningの基礎と応用, 電子情報通信学会ネットワークシステム・情報ネットワーク研究ワークショップ (2017)
  2. Deep Learning技術の仕組み, 人工知能学会セミナー, 2016
  3. ディープラーニングツール「Pylearn2」「Torch7」とその仕組み, 第8回AIツール入門講座 (2015)
  4. ディープラーニングツール「Pylearn2」とその仕組み, 第7回AIツール入門講座 (2015)
  5. Deep Learningのパッケージ: Pylearn2とTorch, 日本神経回路学会セミナー (2015)
  6. GeSdA – GPUによるディープラーニングの実装と応用 –, Prometech Simulation Conference (2015)
  7. Deep Learningとその実装, 情報処理学会連続セミナー「Deep Learningと人工知能」 (2015)
  8. Deep Learningの実装, Webインテリジェンスとインタラクション研究会 (2014)
  9. 実践wikipediaマイニング. データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (2011).
  10. Wikipediaと知の構造化, 6. DBSJソーシャルコンピューティングシンポジウム (2010).
  11. Mediawikiの内部クラスと応用研究. WCJ2010 Tech Talk (2010).
  12. セマンティックウェブとオントロジー研究会 (2009)
  13. Wikipediaマイニングとwebオントロジ構築の新しい方向性. jDBワークショップ (2008).

著書

  1. 田中成典, 小林孝史, 岩井雅治, 中山浩太郎, and 松原吏志. Perlの達人. 森北出版, 12 1999.
  2. 田中成典, 坂口良史, 藤田勇一, 中山浩太郎, 吉川弘一郎, 吉田博哉, and 吉田充宏. 決定版Visual Basic 6.0. 共立出版, 6 2000.
  3. 中山浩太郎, 中川真志, 中野美紗子, 田口剛史, 早川琢哉, 中村元子, 田中成典. DirectX8. 工学社, 12 2001.
  4. 田中成典, 小林孝史, 吉田充宏, 物部寛太郎, Dimitrios Valmas, 三浦卓, 宮脇由起, 中山浩太郎. Linuxアプリケーション入門. 森北出版, 3 2002.
  5. 中山浩太郎, 江川学, 杉町敏之, 野中一希, 福島賢治, 渡部菜月, 田中誠人, 山下智子, 田中成典. ステップアップVisual C#.NET入門. 森北出版, 7 2002.
  6. 中山浩太郎, 野中一希, 中村健二, 上原加奈子, 楠本浩司, 杉江奈津子, 藤原七恵, 小塙明日香, 船越真理, 吉川幸江, 田中成典. Visual Basic .NETの基礎. 工学社, 2 2004.
  7. 中山浩太郎, 中村健二, 上山智士, 高田一沙, 竹崎輝隆, 谷川敬一郎, 古堅則之, 松下真生子, 田中成典. 実践UMLによるシステム開発〜SEのためのVisioと.NET活用術〜. 共立出版, 5 2004.

記事執筆

  1. 中山浩太郎, 岩澤有祐, 黒滝紘生, 松尾豊. Deep Learningの基礎と実装、情報処理学会誌 (2015)
  2. 私のブックマーク「Deep Learning」, 人工知能学会誌 (2014)
  3. 中山浩太郎. Wikiエンジンmediawiki入門. ソフトウェアデザイン, pages 117-125, 2 2011.
  4. 中山浩太郎, 福原知宏, 大向一輝, 松尾豊, and 武田英明. Wikipediaワークショップ会議報告. 人工知能学会誌, 24(3):452-456, 5 2009.
  5. 中山浩太郎, 原隆浩, and 西尾章治郎. 人工知能研究の新しいフロンティア:wikipedia. 人工知能学会誌, 22(5):693-701, 9 2007.
  6. 中山浩太郎. スキルコンバート part2: Vb/asp→j2eeのスキルコンバート. 月刊Java World, 7 2005.
  7. 中山浩太郎. Java ee 5:エンタープライズ向けjavaの新仕様を概観する. 月刊Java World, 11 2005.
  8. Visual c# .net による msdnaa おもしろプログラミング. MSDN技術資料.
  9. アルゴリズム入門. MSDN技術資料.
  10. Visual c# による .net framework プログラミング入門. MSDN技術資料.
  11. Visual c# による xml チュートリアル. MSDN技術資料.
  12. Visio によるオブジェクト指向設計入門. MSDN技術資料.

競争的資金

  1. 分担研究者. 医療ビッグデータ解析と人工知能による医療知能情報システム開発, 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 (2015-2018).
  2. 分担研究者. ディープラーニングと記号処理の融合による予測性の向上に関する研究, 新学術領域研究, 文部科学省(2016-2020).
  3. 研究代表者. 大脳皮質型Deep Learningアルゴリズムの研究開発および知識処理への応用, 科学研究費補助金若手(A)(2015-2018).
  4. 研究代表者. 大規模Web百科事典の知識を構造化する大脳皮質型知識処理機構の研究開発,戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE),総務省(2013-2014).
  5. 研究代表者. Wikipediaマイニングによる大規模Webオントロジの構築,科学研究費補助金基盤(B),日本学術振興会(2009-2011).
  6. 研究代表者. Wikipediaオントロジプロジェクト,Microsoft Research IJARC Core 4 プロジェクト(2008).
  7. 研究分担者. ソーシャルメディア解析による高精度連想記憶エンジンの研究,科学研究費補助金基盤(C),日本学術振興会(2008-2010).
  8. 研究代表者. Wikipediaオントロジプロジェクト,Microsoft Research IJARC Core 3 プロジェクト(2007).
  9. 研究代表者. セマンティックWebによるプログラム自動生成エージェント,未踏ソフトウェア創造事業,情報処理推進機構(2004).